接骨院・整骨院のかかり方
 
「接骨院・整骨院(柔道整復師)の受療についての照会にご協力ください!」

 当健康保険組合では、健康保険事務センター((株)大正オーディット)と業務委託契約し柔道整復師の医療費適正化に取り組んでいます。
 接骨院・整骨院などでは「柔道整復師」とよばれる専門職が施術していますが、病院ではありませんので健康保険が使える場合と、使えない場合があります。
 そこで、正しい受療方法をご理解いただくともに、柔道整復師から健康保険組合への請求内容の点検を行い、受療された施術内容などについて郵便または電話にて照会確認をさせていただいております。
 そのため、柔道整復師にかかられた場合は、負傷部位や施術内容のメモをとり、領収書と一緒に保管しておき、照会がありましたら、正確に回答書にご記入されるようご協力をお願いいたします。(照会の時期は受療日から数ヵ月後となります)
 この照会は個人情報保護法をふまえた専門の業者に委託して行っており、目的外利用や皆さまに代金等を請求することはありません。

健康保険が使える場合
  外傷性による捻挫、打撲、挫傷(肉離れ等)
  骨折、脱臼、不全骨折(応急手当の場合を除き医師の同意が必要です。医師の同意は実際に患者を診察しての同意です)

健康保険が使えない場合
  日常生活での単なる疲労、腰痛、肩こり
  スポーツなどによる筋肉疲労、筋肉痛
  「神経痛・ヘルニア・関節炎」など病気からくる痛み
  原因不明の違和感や痛み、以前に負傷した個所の痛み
  医師の同意のない「骨折、脱臼、不全骨折」あるいは「鍼、灸、あんま、マッサージ」
  症状の改善の見られない長期漫然とした施術

こんな点に注意してください
※施術後であっても健康保険の適用が認められなければ全額自己負担となりますので、ご注意ください。
  「柔道整復師施術療養費支給申請書」は患者が柔道整復師に健康保険組合への請求を委任する書類ですので、記載された傷病名、施術内容、負傷部位、施術回数など正しいかどうか確認してください。
  白紙の「柔道整復師施術療養費支給申請書」へのサインや押印や柔道整復師に署名を任せてしまうことは避けてください。
  窓口で支払をした場合は領収書を必ずもらい保管しておきましょう。
  病院での治療との並行受診は認められません。
(整形外科で捻挫の治療を受けながら、整骨院でリハビリを行うようなケースです)
  治療が長期にわたる場合は、専門的な医療機関での診断を受けましょう。
(症状に改善の見られない長期による施術は保険が使えません)
     
3-柔道整復師施術代
 健康保険でかかれる柔道整復師の施術は、あくまで「急性または亜急性(急性に準ずるもの)の外傷性の骨折、脱臼、打撲、捻挫および挫傷」の施術に限定されています。単なる疲れや肩こりでマッサージを受けたり、症状の改善が見られない長期にわたる施術を受けても、健康保険は使えません。
 また、多くの柔道整復師は都道府県知事(健康保険組合では健康保険組合連合会)と協定を結んでおり、一般の医療機関同様、初診時に保険証を提示し、窓口に一部負担金を支払うだけで診療をうけられますが、残りの医療費は健康保険組合へ請求するため、その委任状となる「療養費支給申請書」に本人が署名します。申請書に記載された傷病名や施術内容等が正しいかどうか、必ず確認してから署名してください。

4-はり、きゅう、マッサージ代
 保険医の同意を得て、マッサージ師、はりきゅう師の施術を受けた場合、施術回数、料金、期間など決められた範囲内で給付されます。


「療養費支給申請書」に施術内容の記入されている領収書、医師の同意書を添えて、健康保険組合へ提出してください。


閉じる