News & Topics

2022.01.05

令和4年1月法改正について

令和4年1月1日から施行される法改正により、傷病手当金の支給期間及び任意継続被保険者の資格喪失事由の見直しが行われます。
また出産育児一時金の産科保証制度の掛金の内訳が変わります。

●傷病手当金・傷病手当金付加金
傷病手当金金・傷病手当金付加金が支給される期間は、令和4年1月1日より、支給を始めた日から通算して1年6か月に変わります。
但し、経過措置によりこの法律改正は、令和2年7月2日以降に支給を始めた傷病手当金・傷病手当金付加金から適用になります。

●任意継続保険者の資格喪失事由が追加されます。
任意継続保険者でなくなることを希望すると健康保険組合に申し出た場合には、その申し出書が到達した日の属する月の翌月1日にその資格を喪失します。

●出産育児一時金の支給額の内訳が変わります。
産科医療保障制度の掛け金の変更に伴い、産科医療保障制度に加入されていない医療機関等で出産された場合や、妊娠週数22週未満で出産された場合の出産育児一時金は,40万8千円に引き上げられました。