介護保険制度では、40歳以上の人はすべて被保険者として加入し、保険料を納付します。ただし、年齢によって、第1号被保険者・第2号被保険者に分けられ、保険料の金額やその納付方法など、違うところがあります。

65歳以上の全国民
 その原因を問わず、入浴、排泄、食事などの日常生活に常に介護が必要となったときは、介護サービスをうけられます。
 40〜64歳の医療保険に加入している人
 保険給付対象となる病気(特定疾病)が限られています。
 介護保険の第2号被保険者である被扶養者がいる第2号被保険者以外の人

下記に該当する場合は特定被保険者となります。
介護保険の除外になる人
【介護保険適用除外該当・不該当】
40〜64歳の方でも、次に該当する場合は介護保険の適用除外となります。

 
介護保険適用除外該当・不該当届   xls
申請書
pdf
記入例


40歳以上の「被扶養者」の介護保険料について

 介護保険では被扶養者という概念はなく、40歳以上の国民はだれもが介護保険の被保険者となります。したがって、健康保険組合に加入している40〜64歳の被扶養者も介護保険の第2号被保険者となりますが、その被扶養者(家族)の介護保険料を被保険者本人から徴収するかどうかについては、健康保険組合ごとに組合会で審議し、取り決めることが認められています。上記の場合、当健康保険組合では介護保険料を被保険者本人から徴収しております。