健康保険とは?_NO.9 患者を移動させたいとき

移送費
 入院や転院が必要であると医師が認め、病気やケガのため歩行ができないか、著しく困難で緊急やむを得ないと健康保険組合が認めた時、交通機関の利用代金が移送費として支給されます。
支給条件
医療として適切であること
負傷や疾病により移動が困難であること
緊急その他やむを得ないこと
上記の全てに該当していることが必要です。


災害現場で負傷し、患者を緊急移送するとき
重篤な負傷や疾病で、付近の医療機関では必要な医療が不可能であるか、著しく困難であるため、必要な医療の提供を受けられる最寄りの医療機関に移送するとき

支給金額
実際に支払った額を限度に下記の基準により算定された額が支給されます。
1. 必要な医療を行える病院までその傷病の状態に応じ最も経済的な経路で算定
2. その傷病の状態に応じ最も経済的な交通機関の運賃で算定
3. 医師、看護師等の付添人については、医師が必要と判断した場合に限り1人までの交通費を算定
4. 医師、看護師の医学的処置があった場合は療養の給付に準じ、一部自己負担金を支払います。

医師の証明を受けた「移送費支給申請書」を提出し、健康保険組合の承認を受けます。その後「移送承認申請書」に領収書を添えて健康保険組合へ提出してください。
移送承認申請書・移送届 Word
申請書
Word
記入例
移送費支給申請書 Word
申請書
Word
記入例
※重傷・重篤でも自己都合によるものは移送費の対象とはなりません。