健康保険とは?_NO.10 病気で会社を休んだとき

疾病手当金
 病気やケガのため会社を休み、給料をもらえないときは、傷病手当金が支給されます。

支給条件
1. 病気・ケガのため療養中であること
自宅療養でもよい。
2. 病気・ケガのため仕事につけないこと
3. 4日以上会社を休んだとき
連続した3日の待期期間の後、4日目から支給。
※申請書の労務に服することができなかった期間は、待期期間の後、4日目からの日付を記入してください。
4. 給料をもらえないとき
給料をもらっていても傷病手当金の額よりも少ないときは、その差額が支給されます。

支給期間

最長で1年6ヵ月間
 なお、障害厚生年金(または障害手当金)を受けるようになると傷病手当金は支給されません(ただし、年金等の額が傷病手当金の額を下回るときは差額を支給)。
 傷病手当金と障害年金の重複受給期間については、その差額を返納してください。また、障害年金を受給するようになった場合は、障害年金証書(写)を健康保険組合に提出してください。

支給金額
1日につき、標準報酬日額の3分の2
【傷病手当金の算定方法の変更】
 傷病手当金について、不正受給防止等の観点から、給付の基礎となる標準報酬の算定方法が変更されました。傷病手当金の額は、1日につき以下のとおりになります。
1 支給開始日の属する月以前の直近の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する額
2 標準報酬月額が定められている月が12ヵ月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した30分の1に相当する額のいずれか少ない額の3分の2に相当する額

「傷病手当金請求書」に医師の病気療養のため休まなければならないという意見と、事業主から会社を休んだ証明とその間の給与支給状況の証明を受け、健康保険組合へ提出してください。

傷病手当金・傷病手当金付加金請求書
(この書式は2ページあります。提出もれのないようご注意ください)
Word
申請書
Word
記入例

■注意事項
  • 労務不能期間は証明日以前の期間について医師の証明が必要です。
  • 傷病手当金は給与の代わりに支給されるものなので、1月ごとに申請してください。
  • 毎月最低1度は医師の診察を受けていないと、支給の可否が判断できないため、不支給になる場合があります。
  • 申請書に記入漏れ等があると給付が遅れますのでご注意ください。
  • 健康保険法に基づいた審査を行うため、支給決定まで時間がかかる場合があります。


付加給付
■傷病手当金付加金
1日につき標準報酬日額の10%を1年6ヵ月間支給します。
【算定方法(1日につき)】
1 支給開始日の属する月以前の直近の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の100分の10に相当する額
2 標準報酬月額が定められている月が12ヵ月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した30分の1に相当する額のいずれか少ない額の100分の10に相当する額
※強制被保険者期間において1年間の加入期間があり、かつ退職時に傷病手当金を受給しているか受給権がある場合は退職後の継続給付が受けられます。ただし、付加給付の支給はありません。