健康保険とは?_NO.11 出産をした時

お産とは
 健康保険で出産とは妊娠4ヵ月以上(85日以上)を経過したあとの出産、死産、人工妊娠中絶をいいます。正常な出産は健康保険の療養の給付(現物給付)の対象とはなりません。異常分娩の場合は病気として扱われます。
被保険者の出産
出産育児一時金
1児につき420,000円
※ただし産科医療補償制度に未加入の分娩機関で出産された場合は404,000円となります。
sign.gif 直接支払制度を利用する場合:
分娩機関が、被保険者が退院するまでの間に、分娩等にかかった費用を健保組合から分娩機関へ直接支払う「直接支払制度」を希望するか否かの意思確認が行われますので、直接支払いを希望し「直接支払制度合意文書」を分娩機関、被保険者の間で取り交わしてください。
なお、支払額が出産育児一時金の額を上回った場合は、上回った額を被保険者が負担することとなり、下回った場合は、分娩機関に支払った残りの額が健保組合より被保険者へ支払われます。この制度を利用する場合、健康保険組合へ提出する書類はありません。

受取代理制度を利用する場合:
受取代理制度とは、出産育児一時金を健保組合から医療機関等へ支払う制度です(※)。
出産予定日まで2ヵ月以内の方に限られます。同制度を利用するには、事前申請が必要です。「出産育児一時金等請求書(受取代理用)」と出産を証明する書類を添えて、健康保険組合へ提出してください。
※同制度の利用を厚生労働省に届けている医療機関に限られます。

直接支払制度を利用しない場合:
「出産育児一時金請求書」に医師、助産師または市(区)町村長の証明を受け、出産時の領収書写、合意文書の写を添えて健康保険組合へ提出してください。

出産育児一時金・出産育児一時金付加金請求書
Word
申請書
Word
記入例

出産育児一時金等請求書(受取代理用)
Word
申請書
pdf
記入例
pdf
留意事項
必ずお読み
ください

付加給付
■出産育児一時金付加金
1児につき12,000円を支給します。
 
出産手当金
 出産のため会社を休み、給料がもらえないときには、その間の生活保障の意味で産前42日(多胎妊娠の場合は98日)産後56日計98日間(多胎妊娠の場合は154日間)の期間内で仕事につかなかった日1日につき標準報酬日額の3分の2が支給されます。また、出産した日が予定より遅れた場合は、その期間についても支給されます。
【出産手当金の算定方法の変更】
 出産手当金につい て、不正受給防止等の観点から、給付の基礎となる標準報酬の算定方法が変更されました。傷病手当金の額は、1日につき以下のとおりになります。
1 支給開始日の属する月以前の直近の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する額
2 標準報酬月額が定められている月が12ヵ月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した30分の1に相当する額のいずれか少ない額の3分の2に相当する額
※傷病手当金の支給期間中に出産手当金が発生した場合、傷病手当金の額が出産手当金の額より多かった場合は、その差額を支給することになります。

「出産手当金請求書」に医師、助産師、または市(区)町村長の証明を受ける他、事業主から会社を休んだ証明とその間の給与支給状況の証明を受け、健康保険組合へ提出してください。


出産手当金・出産手当金付加金請求書
(この書式は2ページあります。提出もれのないようご注意ください)
Word
申請書
Word
記入例

付加給付
■出産手当金付加金
1日につき標準報酬日額の10%を支給します。
【算定方法(1日につき)】
1 支給開始日の属する月以前の直近の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の100分の10に相当する額
2 標準報酬月額が定められている月が12ヵ月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した30分の1に相当する額のいずれか少ない額の100分の10に相当する額
※強制被保険者期間において1年間加入期間があり、かつ退職時に出産手当金を受給しているか受給権がある場合は、退職後の継続給付が受けられます。ただし、付加給付の支給はありません。
 
保険料の免除
 産前産後休業および3歳未満の子を養育するための育児休業中は健康保険料(被保険者・事業主負担分とも)が免除されます。資格はそのままで、すべての給付が受けられます。

事業主へ育児休業の申し出をしてください。
家族のお産
家族出産育児一時金
 被扶養者である家族が出産したとき1児につき420,000円
※ただし産科医療補償制度に未加入の分娩機関で出産された場合は404,000円となります。

直接支払制度を利用する場合・利用しない場合・受取代理制度を利用する場合ともに、被保険者の出産育児一時金の手続きと同じ方法です。

家族出産育児一時金請求書
Word
申請書
Word
記入例