健康保険とは?_NO.15 退職後の健康保険

任意継続被保険者
 退職すると自動的に被保険者の資格を失いますが、退職の日まで継続して2ヵ月以上被保険者であった人は、資格喪失の日より20日以内に申請すると2年間は、引き続き任意継続被保険者として健康保険に加入することができます。
※ただし、任意継続被保険者は出産手当金、傷病手当金が支給されません。

保険料
全額本人負担(事業主負担分も含めて)
 退職時の標準報酬月額と、当健康保険組合の被保険者の平均標準報酬月額とを比べ、どちらか低い方の標準報酬月額を基準にして決めます。なお、平均標準報酬月額は毎年見直されます。また保険料率が変更したときも保険料は変わります。

任意継続被保険者になったら、あなたの保険料(試算額)は?
現在の健康保険料を選択すると、
任意継続被保険者となったときに支払う保険料が表示されます。
現在の健康保険料と介護保険料は給与明細書に記載されています。

現在の健康保険料
任意継続被保険者になった場合の保険料は
  • 40〜64歳の被保険者には介護保険料が別途必要です。左記の年齢以外でも、被扶養者の年齢が40〜64歳の方が加入している場合は介護保険料が必要になります。
  • 試算額は4月〜翌年3月の期間中の健康保険料額です。
  • 正確な健康保険料・介護保険料、その他詳細につきましては事業所の健康保険担当者にお尋ねください。

被扶養者(家族)
 被扶養者の範囲ならびに届出書類については一般被保険者のときと同じです。
家族を扶養したいとき

保険給付
被保険者 通院・※入院・訪問看護とも医療費の3割を自己負担。
被扶養者 通院・訪問看護の場合は医療費の3割を自己負担。その他の保険給付についても、一般被保険者と同様に受けられます。
※入院時の食事費の自己負担が必要です。

加入の手続き
 健康保険組合で受け付けます。

〈加入手続きに必要なもの〉
健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 Word
申請書
Word
記入例

・被扶養者認定申請書類(家族を扶養したい方のみ必要)
異動届(増) 添付書類参照 Word
申請書
Word
記入例
被扶養者申請理由書(増) 添付書類参照   Word
記入例
被扶養者加入申請説明書(増) 添付書類参照 Word
申請書
 

・自動支払利用の申し込みを希望の方
預金口座振替依頼書・自動振込利用申込書 こちらの申込書は事業所の
健康保険事務担当者へ
お問い合わせください。
※ご指定の銀行口座番号と印鑑が必要です。
※郵便局は不可です。


保険料の納付期限
 当月分の保険料は、その月の10日までに納付されませんと、任意継続被保険者の資格がなくなります。加入した月の保険料は、加入手続きのときに納めていただきます。

保険料の納付期限
住所・氏名等の変更
 住所、氏名等に変更のあった場合は、すみやかに健康保険組合まで届け出てください。また、被扶養者に異動が生じたときは、「健康保険被扶養者(異動)届」に証明書類と被扶養者でなくなった場合はその方の保険証(原本)を添えて届け出てください。
住所変更(訂正)届 Word
申請書
Word
記入例
氏名変更(訂正)届 Word
申請書
Word
記入例

被扶養者の異動(5日以内に)
 加入の際、被扶養者となる人がいる場合は「被扶養者(異動)届、証明書類」を提出し、被扶養者(家族)の認定も受けてください。
 また、加入後、子どもが生まれたり、被扶養者が増えたとき、就職や別居、死亡などで被扶養者でなくなった人が生じたときも、5日以内に上記を健康保険組合まで届け出てください。

家族を扶養したいとき
 まず下の表をご確認いただいたのち、必要書類をダウンロードしてください。


異動届 Word
申請書
Word
記入例
被扶養者申請理由書(増)   Word
記入例
被扶養者加入申請説明書(増) Word
申請書
 
雇用保険申告書 ico_excel.gif
申請書
 
雇用保険未加入・離職票未発行証明書 Word
申請書
Word
記入例

・家族を扶養から外したいとき
 まず下記リンクをご確認いただいたのち、必要書類をダウンロードしてください。


異動届 Word
申請書
Word
記入例

被扶養者の申請には添付書類が必要です
 厚生労働省からの通達に基づき、毎年行います。確認調査は時期になりましたら、こちらから送付します。被保険者の方々は、記載内容を確認の上、必要事項を記入した書類を添付してご提出願います。また、その際事実に相違する申請と認められた場合は、扶養認定を取り消し給付金の返還をしていただくことになります。くれぐれも、そうした事態にならないよう、被扶養者の異動の際は速やかに手続きをお願いします。
確認調査Q&Aはこちらへ

保険料の納付期限

  • 保険料を期限までに納めなかったとき
  • 任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
  • 任意継続被保険者が死亡したとき
  • 任意継続被保険者が再就職し、他の健康保険の被保険者となったとき
  • 75歳に達したとき
※上記以外の理由で任意継続被保険者をやめることはできません。


国民健康保険に加入する
 我が国では国民の誰もが健康保険に加入することになっています。他健康保険組合に加入しない人や任意継続被保険者への加入を選択しなかった(またはできなかった)人は、国民健康保険に加入することになります。
 加入手続きの窓口は、居住地の市(区)町村国保担当課となります。加入する際には当健康保険組合の「資格喪失証明書」が必要です。またその他、詳しいことは国保担当課窓口へお尋ねください。

健康保険<被保険者 被扶養者>資格喪失証明書発行願 Word
申請書
Word
記入例

保険料
市(区)町村によって異なります。

被扶養者
国民健康保険には被扶養者という資格はなく、世帯単位で加入することになり、家族全員が被保険者となります。

保険給付
加入者は医療費等の3割(通院・入院(※)・訪問看護とも)を自己負担します。
※入院時の食費等は別途自己負担となります。
他の健康保険組合の被扶養者になる
   家族が他健康保険組合の被保険者となっており、その被保険者の収入により生計を維持するような場合には、他健康保険組合の被扶養者になります。
 ただし被扶養者となるためには、その健康保険組合の認定基準をクリアする必要がありますので、詳しくは被保険者の加入している健康保険組合までお尋ねください。