セルフメディケーション税制について

 医療費控除の特例として、セルフメディケーション税制が適用されます。
 セルフメディケーション税制とは、健康の維持増進および疾病の予防への取り組みとして一定の取り組みを行っている人が、一般の薬局で自分などの薬(スイッチOTC医薬品)を購入した場合に、年間合計額が1万2千円を超える部分の金額(上限8万8千円まで)について、その年分の総所得金額などから控除するものです。

<適用期間>
平成29年1月1日から平成33年12月31日までの5年間

<対象となる人>
健康維持などのための一定の取り組みをしている人。具体的には特定健診、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診を受けている人が対象となります。

<対象となる薬>
このマークが目印  

医療用から転用されたスイッチOTC医薬品で、一般の薬局で販売している薬です。

多くの対象医薬品のパッケージに表示されています。

対象医薬品の薬効の例:かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬など
※これらの薬効(症状に効く薬)のすべての医薬品が対象になるわけではありません。

<所得控除される金額>
対象医薬品の購入額が年間合計で1万2千円を超えるとき、その超える部分の金額で上限は8万8千円まで。 自分など=自分または自分と生計を一にする配偶者その他の親族の対象医薬品の年間購入合計額のうち、上記に当てはまる金額が総所得金額から控除され、所得税や住民税が減額されます。

<申請方法>
1年ごとに確定申告で申請します。対象薬(スイッチOTC医薬品)を購入した場合はレシート(領収証)を保管しておいてください。
※現行の医療費控除と同時に申請することはできません。どちらかの適用となります。

詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください。
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html