特定健診について

 平成20年4月より40〜74歳の被保険者・被扶養者を対象とした「特定健診・特定保健指導」の実施およびデータ管理が保険者(健康保険組合等)に義務付けられました。
 健診では検査結果からメタボリックシンドロームの該当者・予備群を判定します。保健指導では、健診結果と質問票をもとに生活習慣病の発症リスク数より受診者を積極的支援・動機づけ支援・情報提供の3段階に階層化し、糖尿病等の生活習慣病の予防を目的に、医師・保健師・管理栄養士等が被保険者・被扶養者一人ひとりの生活習慣改善と行動変容につながる支援を行います。



H25年度家族健診のご案内

今年度は事業所ごとに健診方法が異なります。
ご自宅に送付する健診案内をご確認のうえ受診してください。

■特定健診項目受診方法
(1) 「特定健診実施機関リスト」のページより契約医療機関をお選びいただき、受診を希望する健診機関を選択してください。お住まいの市区町村が行う特定健診の受診を希望される場合は、「加入の健康保険組合より特定健康診査受診券が送付されてきた」ことを市区町村の健診担当窓口にお申し出をしていただき、その指示に従って受診してください。一部の市区町村では受診することができない場合がありますのでご了承ください。
(2) 受診希望者が直接契約健診機関へ電話でお申込みをしてください。
 <申込時に必ず伝えること>
 ・日本無線健康保険組合の加入者であること
 ・「特定健診」を受診したいこと
(3) 健診機関から「受診案内等」が自宅へ送付されます。
受診当日は「被保険者証」「特定健診受診券」「前年度の健診結果票」「契約機関から指示のあったもの」を忘れずに持参し、健診を受診してください。
(4) 特定健診には自己負担金はありません。特定健診項目以外の項目を受診された場合は全て自己負担となりますので、窓口でお支払いください。

■受診期間
4〜12月
(この期間であっても当健康保険組合加入者でなくなった場合は受診できませんのでご注意ください) 

■健診項目
○身体計測(身長、体重、BMI、腹囲) ○検尿(尿糖、尿蛋白)
○理学的検査(身体診察) ○血圧測定
○血液検査・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)・血糖検査(空腹時血糖)・肝機能検査(GOT、GPT、γ−GTP)
○質問票(喫煙歴、服薬等)